読者モデルになる


そもそも読者モデルとは?

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
2月 25, 2015 at 4:37 PM

そもそも読者モデルとは?

最近ファッション誌などでよく見かける『読者モデル』の文字、一体どういう人達がやっているのでしょうか。

文字通り、その雑誌の読者がオーディション等を受けて掲載されているのです。

ですから本職のモデルではなく、主婦だったりOLだったり学生だったり、と読者に近い人達なのです。

実は読者モデルが起用される一番の要因はそこにあり、体型や表情など読者に近い人達にモデルになってもらい、親近感を与えることが目的なのです。

本職のモデルはスタイル抜群で立ち姿ひとつとっても訓練のたまものなのでしょうか、素敵です。

しかし実際の生活の中にモデルのような人は少ないのが現実です。

雑誌を見ていて「すてきなワンピースだな」と思っても次にくるのは「こんなスタイルのいいモデルさんが着ているからすてきなんだ、私が着たらこうはいかない」という否定的な感想です。

洋服に限らず髪型やメイクなども同様で、そう感じた人は多いと思います。

そんな時読者モデルを見ると、ちょっぴり安心して勇気がわきます。

誰にでもチャンスがあります

『モデル』と聞くと、スタイルがよくてどんな洋服でも着こなしてしまう人、というイメージがあります。

そういう人でないとファッション誌のモデルは務まらない、そう思う人は多いでしょう。

ところが紙面を作る側は少し違うようです。

雑誌をつくる時、背が低い人、高い人、体が細い人、ぽっちゃりの人、年齢が20代の人、50代の人・・・などさまざまな特集を組みます。

そんな時読者モデルを起用すると企画がしやすいそうです。

確かに本職のモデルだと皆さん背が高く痩せていて手足が長い人が多いですよね。

そう考えると誰にでも読者モデルになるチャンスがあるわけです。

誌面の中で募集をしていることが多いので是非チェックしてみてください。

オーディションを勝ち抜けば、晴れて読者モデルデビューです。

プロのヘアメイクさんにきれいにしてもらい、色々な洋服に袖を通し、素敵に変身できることは女性の憧れです。
憧れの読者モデルの情報収集はこちらを。

最近では街中でスカウトされることもあるようですから、ぼんやり歩いていてはいけませんね。